事業内容

不動産登記

不動産登記の専門家として、迅速・正確な業務処理により、皆様の大切な財産をお守りいたします。
不動産登記制度とは、土地や建物などの不動産に関する権利関係を、法務局に備え置かれている登記簿に記載し公示するものです。
登記されることで、所有者でない他人であっても権 利関係を把握することができるため、例えば欲しい物件がある場合に、買主となろうとしている人が、その対象物件の権利関係を把握することができるようになります。
このように、不動産登記は安全で円滑な不動産取引に寄与しているのです。
不動産を売買・贈与した場合は、所有権の帰属が争いにならないよう、遅滞なく所有権移転登記を行われることをお勧めいたします。
不動産を買ったのに登記をせずにそのまま放置していると、二重譲渡がなされる可能性もあり、その場合に第三者が先に登記をしてしまうと、あなたはその第三者に対して所有権を主張できなくなります。
民法は、自由競争の範疇として、二重譲渡を認めています。
もちろん、二重譲渡により所有権を対抗できなくなったとしても、あなたは売主に対し債務不履行に基づく損害賠償請求はできます。
しかし、法律関係が錯綜するだけで、あなたにとっては何の利益もありません。

ページの先頭に戻る